« 「「2050年」から環境をデザインする」 」の感想文を書きました | Main | ニュースから、「大工」を志望する学生たち »

January 22, 2010

雑誌記事から、「地球の浄化装置 水が悲鳴をあげている」

買った雑誌からちぎって貯めていた記事を整理するついでに、話のネタにして書き込みします。

「地球の浄化装置 水が悲鳴をあげている」(「週刊現代」1992年 7月11日号)

一昔以上前の環境問題記事です。濱田隆士東大教授に話を聞いています。その中から印象的なところ、きれいな水とはどんな水を言うのか、大河は濁っているけど、その中に溶けこんだ土の粘土鉱物は、水に溶けこんだ有害な物質を吸着する。だから、濁った大河の水はきれいな水なのである。

|

« 「「2050年」から環境をデザインする」 」の感想文を書きました | Main | ニュースから、「大工」を志望する学生たち »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 雑誌記事から、「地球の浄化装置 水が悲鳴をあげている」:

« 「「2050年」から環境をデザインする」 」の感想文を書きました | Main | ニュースから、「大工」を志望する学生たち »